クリニック通信ブログ

2018.02.13更新

2.“エコー(超音波)”の歴史
エコー開発のきっかけは、なんと1912年のタイタニック号沈没で、氷山の接触を防ぐ目的でエコーが開発され、人体にも適用されました。

今まで、運動器診療が、大きく依存してきたレントゲン(X線)やMRIやCTは、全て欧米発の技術です。

しかし、エコーの臨床活用の技術は、日本で開発され、ハード・ソフト共に、日本が最先端をいっています。

エコー(著音波)を使いこなしていくことは、日本医師としての誇りと使命でもあります。

 

投稿者: 医療法人良仁会 かわたペインクリニック

entryの検索

カテゴリ

かわたペインクリニックかわたペインクリニック診療内容
心療内科クリニック通信ブログ
医療機関の方へ求人情報
リンク集Facebook
twitter光台デイサービス