クリニック通信ブログ

2018.10.18更新

3.慢性疼痛にチーム医療で効果!

体の組織の損傷やケガが治っても、痛みが長く続く「慢性疼痛」の場合、「長引く痛みによる不快感が脳や心の問題となって損傷やケガが治っても痛いというケース」や「仕事のストレスや家族・人間関係が背後に隠れているケース」が少なくないです。

そのため薬や手術で治すだけではなく、身体以外の要因を見つけ出すために、患者様を中心に、さまざまな職種の医療従事者が、原因を議論し「チーム」として取り組む必要があります。


慢性疼痛にはいろいろな角度からさまざまな医療従事者が「力を合わせて治す」という発想が必要で「チーム医療」はとても有効なアプローチです。

当院では、麻酔科医・心療内科医・精神科医・理学療法士・看護師による「チーム医療」でそれぞれが専門性を発揮し、患者様の治療方針を話し合い、痛みの治療に関わる数多くのスタッフが連携して、最適な痛みの治療へと導いていきます。

 

投稿者: 医療法人良仁会 かわたペインクリニック

entryの検索

カテゴリ

かわたペインクリニックかわたペインクリニック診療内容
心療内科クリニック通信ブログ
医療機関の方へ求人情報
リンク集Facebook
twitter光台デイサービス