クリニック通信ブログ

2013.11.19更新

痛みの治療は、時代と共に、刻々と変化しています。
今回は、痛みの治療の最前線について、お話していきたいと思います。
まず、その第一弾として、"痛み"と"ペインクリニックの役割"について、基本的なお話から始めたいと思います。



1.痛みとは?
痛みは、身体に異常を知らせる警告反応として大切な役割がありますが、痛みの原因が明確になった後も続く痛みは、
有益な存在から、不必要でさらには有害な存在となります。

警告の役割を終えた痛みが長く存在すると、より強い痛みや新しい痛みが現れ、いわゆる「痛みの悪循環」が生じます。
痛みが長期化すると、私達の生活の質(QOL)が低下します。

2. ペインクリニックとは?
ペインクリニックとは、このような不要かつ有害な痛みを取り除く治療を行う"痛みの専門クリニック"です。
日本では昭和30年代後半から多くの麻酔科医が痛みの治療に取り組み、現在では、患者様の生活の質(QOL)の維持と向上を最終目標に痛みを取り去ることをペインクリニックの大きな目的としています。 



投稿者: 医療法人良仁会 かわたペインクリニック

entryの検索

カテゴリ

かわたペインクリニックかわたペインクリニック診療内容
心療内科クリニック通信ブログ
医療機関の方へ求人情報
リンク集Facebook
twitter光台デイサービス 帯状疱疹