クリニック通信ブログ

2019.01.19更新

1.薬物療法
「原因不特の慢性の腰痛」にはいわゆる痛み止めと言われる荘園鎮痛薬は効果なく、抗てんかん・抗うつ・抗不安薬や神経障害性疼痛薬が効果があります。また、オピオイド薬も使えるようになり選択肢が増えました。
2.リハビリテーション(理学・物理療法)
理学療法士による理学療法、キセノン光による温熱療法、圧痛点・経穴にレーザー照射、筋肉を刺激する高周波が効果的。
3.神経ブロック療法
神経ブロックは一時的に痛みを遮断すると共に、脳への痛み信号を遮断することで、交感神経の興奮を抑え、血管を拡張させます。血流で痛み物質を洗い流すことにより痛みの悪循環を改善します。
●硬膜外ブロックとは、硬膜外腔(脊髄の外にある空間)に局所麻酔薬を注入します。末梢神経の一番根元に効く注射なので、特に血管を開く作用が顕著です。薬や下記の注射では得られない強力な作用があります。

●エコーガイド下神経ブロック注射とは、超音波で血管・筋肉・関節・神経などをリアルタイムで確認しながら“ブロック注射”を実施します。

●筋膜リリース注射とは、筋膜に局所麻酔薬を注入することにより、硬くなったり癒着している筋膜をはがして「筋膜性疼痛」を改善します。
●トリガーポイント注射とは、トリガー(痛みの引き金)ポイントに局所麻酔薬を注射することで血行を良くし筋肉の緊張を和らげます。
4.関節アプローチ療法・関節リリース療法
手技により、関節の動きを正常化させる「関節アプローチ療法」は、関節が原因で起こる痛み・しびれを取り除き、関節の運動障害を改善します。注射で筋肉をゆるめ血行を良くした後に、手技でさらに関節の動きを良くする「関節リリース療法」も効果的です。
5.心理療法
心因性による慢性腰痛や原因不明の腰痛には認知行動療法が有効です。認知(ものごとの考え方)の歪みを修正して合理的な考え方が出来るように練習することで不安や痛みを軽減します。
かたよった思考パターンを正しくしていく治療法です。

投稿者: 医療法人良仁会 かわたペインクリニック

2018.12.13更新

①12/26(水)9:00~12:00は臨時診察を行います。
②年末年始の休診は、12/29(土)~1/4(金)となっております。1/5(土)より、通常通り、診察を行います。
③1/22(火)昼(PM 14:00~16:00)の物理療法は院内研修のためありません。
何卒よろしくお願い申し上げます。

投稿者: 医療法人良仁会 かわたペインクリニック

2018.12.06更新

これら「慢性腰痛」は下記の場合が多いです。
1.「神経の障害」が原因で起こる“腰痛”

⇒十分に腰痛を治療しないで放置し、再発を繰り返すと、脳に痛みを伝える神経が障害されて、腰へのもともとの負担を取り除いても、神経自体が痛みを脳に伝え続けます。


2.「関節・筋肉の機能障害」が原因で起こる“腰痛”

⇒仙腸関節は「動かない関節で機能障害は起こらない」という説が昔はあったが、最近では、仙腸関節は、実は「動く関節」でひっかかったり、ねじれたりすることで、周囲の筋肉が固まって、痛みやしびれが起こると言われています。


3.「心因性」が原因で起こる“腰痛”

⇒精神的なストレスや不安から、「痛み」を感じたり、「弱い痛み」を「強い痛み」と感じたりする「心因性の腰痛」があると科学的に証明されています。

 

投稿者: 医療法人良仁会 かわたペインクリニック

2018.11.29更新

当院の来院理由としてもっとも多い第1位は、『腰痛』です。

日本では、4人に一人が「腰痛」と言われ、もはや国民病と言っても過言ではありません。

主な腰痛の症状は下記のとおりです。

①仙腸関節症、

②腰椎椎間板ヘルニア、

③腰部脊柱管狭窄症、

④坐骨神経痛、

⑤変形性腰椎症、

⑥骨粗鬆症による腰痛

⑦慢性腰痛⇒「慢性腰痛」の原因の中で、約2割の方は「原因が特定できる腰痛」ですが、残りの8割の方は、内臓疾患や画像診断(レントゲン)では異常がわからない「原因が特定できない腰痛」といわれています。

また、「慢性腰痛」は“骨の変性”と“痛みの原因”が必ずしも一致しないために、従来の「画像診断主体の治療」では効果がみられません。

 

投稿者: 医療法人良仁会 かわたペインクリニック

2018.11.22更新

2. 痛みの役割とは?

②何らかの気持ちを伝える役割~

「不安」・「怒り」・「恐怖」などの“マイナスの感情”は、脳で「痛み」に置き換わって感じることがあると、最近の研究でわかってきました。

痛みには「①体の異常を知らせる役割」とは他に「② 何らかの気持ちを伝える役割」もあると考えてみてはどうでしょう?

あなたのその「痛み」は何らかの気持ちを伝える役割で起きていて、もしかするとあなたの気持ちのサインのあらわれかもしれません。

原因不明の慢性痛の方は、一度、以下のことをチェックしてみてください。

●初めて痛みを感じた時や痛みが増強した時、ショックな出来事や何か強いストレスがなかったか?

●痛みを少し楽に感じる時、不安・怒り・恐怖などのマイナスの感情がやわらいでいないか?

●痛みが強まる時に、不安な気持ちや嫌な気持ち、恐怖の気持ち、怒りの気持ちが強まっていないか?

発想の転換するこで治療の受け方に変化を及ぼし、出口が見えない慢性痛を和らげることがあります。

 

投稿者: 医療法人良仁会 かわたペインクリニック

2018.11.15更新

2018年11月5日(木)に発行された「週刊ポスト」に当院の記事が掲載されました。

今回は、前回「週刊ポスト」に当院の記事が掲載された『その痛みの先にある厄介な病気』の特集の第2弾で、今回は『その痛みの先にある「危ない病気」』について“膝と腰の痛み”に関する当院の記事が掲載されました。

ネットニュースの「NEWSポストセブン」(無料)のライフ欄の「ズキズキ、ビリビリ… その痛みの先にある危ない病気は何?」の記事でもご覧いただけます。

こちらをクリックしてください。

ぜひ、ご一読ください。

週間ポスト②

 

投稿者: 医療法人良仁会 かわたペインクリニック

2018.11.08更新

1. 痛みの役割

①「体の異常」を知らせる役割

慢性痛の方は、‘いつまでこの痛みは続くのだろう?’や‘この痛みはもう治らないのではないか?’という考えが、特に、痛みが強まる時に浮かび、不安・怒り・恐怖などの気持ちが強まるという話をよく聞きます。

このようなマイナスの感情をもたらす‘痛み’の役割は何でしょうか?

一般的に思い浮かぶのは「体の異常を知らせる役割」と思います。

痛みが「体の異常を知らせる役割」と考えれば、痛みを感じた部位の専門の診療科を受診して、その診療科で何らかの異常が見つかり、治療して治癒すれば「痛み」の役割は大成功です。

かし、慢性痛が続く方の中には、その痛みを感じる部位に異常がない、その痛みの強さに見合う問題がない方がいます。

じつは、‘痛み’はそれほど精密な感覚ではないのです。

「癌のように重篤な病気でも痛くない」こともあれば、「どこも異常がなくても痛い」ということがあります。

 

投稿者: 医療法人良仁会 かわたペインクリニック

2018.11.01更新

かわたペインクリニックは、2018年11月1日で、おかげさまで15周年を迎えることができました。

かわたペインクリニックでは、“日常の軽い痛み”から、かかと痛や突発性難聴、顔面痛・手痛・肋間痛・神経障害性疼痛などの特殊な痛み、難治性の痛み、慢性痛でお悩みの患者様に対して、ペインクリニック(麻酔科)・リハビリテーション科(理学療法)・心療内科を併設し、「チーム医療」が実施できる体制を整えています。

また、2018年から初診の予約枠を新たに設置しました。

初めてご来院の際やご紹介いただく際にご利用ください。

 

投稿者: 医療法人良仁会 かわたペインクリニック

2018.10.30更新

「集学的治療(チーム医療)」が生活の質を改善するのに、とても有効であるということが、「慢性疼痛治療ガイドライン」でも強く推奨されています。

しかし、「チーム医療」をする医療機関は全国にまだまだ少ないのが現状です。

当院では、慢性疼痛に対する的確な診断を実施し、神経ブロック療法・薬物療法・運動器リハビリテーション・認知行動療法など多くの治療法があり、麻酔科医・心療内科医・精神科医・理学療法士・看護師などによる「チーム医療」が可能です。

たとえ「痛み」を管理できる方法を学んだとしても、一緒に取り組み身近で助言してくれる医療従事者がいないと長続きしません。

どうかあきらめず、ぜひ当院にご来院下さい。

 

投稿者: 医療法人良仁会 かわたペインクリニック

2018.10.25更新

①麻酔科医(ペインクリニック)は、「痛み」の部位・程度・頻度などを問診・治療する、

②理学療法士(リハビリテーション科)は、日常生活や職場・仕事の状況を聞き取り、歩行など体の動きを見る、

③心療内科医・精神科医は、精神面を主にストレスや睡眠の状況を聞き取り「慢性疼痛には特効薬はないということを理解してもらい、痛みがあってもさまざななことに挑戦する前向きな思考にシフトさせる」のが役割です。

このような「チーム医療」は、身体の機能改善に効果があるということが、最近の研究で明らかになってきました。

 

投稿者: 医療法人良仁会 かわたペインクリニック

前へ

entryの検索

カテゴリ

かわたペインクリニックかわたペインクリニック診療内容
心療内科クリニック通信ブログ
医療機関の方へ求人情報
リンク集Facebook
twitter光台デイサービス