クリニック通信ブログ

2014.11.20更新

「仙腸関節」という腰痛治療のカギを握る関節のねじれやひっかかりを正常にし、「仙腸関節」の周りの筋肉のコリを緩和するかわたペインクリニックの治療には、次のような治療があります。

①神経ブロック注射
関節近くに局所麻酔を注射すると、関節が緩み関節の動きが正常になります。
できるだけ仙腸関節の近くに注射するには高度な経験と技術が必要です。

②トリガーポイント注射
筋肉が凝り固まった場所をトリガーポイントと言い、そこを刺激すると筋肉のコリが緩和します。
体に数多くあるトリガーポイントの中から痛みの原因となるポイントを的確かつ迅速に探し出すのは容易ではないため、高い経験と技術を有する治療です。

③関節の動きを正常にする手技療法
確かな東洋医学理論に裏づけされた手技療法を用いて関節の動きを正常にする治療を実施することによって、関節が原因で起こる痛み・しびれを取り除き、関節の運動障害を改善します。
西洋医学ではカバーできない「痛み」の治療が可能です。



投稿者: 医療法人良仁会 かわたペインクリニック

entryの検索

カテゴリ

かわたペインクリニックかわたペインクリニック診療内容
心療内科クリニック通信ブログ
医療機関の方へ求人情報
リンク集Facebook
twitter光台デイサービス 帯状疱疹