クリニック通信ブログ

2013.04.26更新

かわたペインクリニックの来院の多い症状1位は腰痛ですsign01
今回は慢性の腰痛で悩んでおられた患者様の症例です。
ご参考にして頂き、気になる症状がある方は一度ぜひご来院下さい。



①来院までの経緯 (68歳 男性)
歴史散策が趣味だったが、5年前から腰が痛く下肢のしびれがあり、整形外科で骨に異常なく坐骨神経痛と診断された。
鎮痛剤処方で痛みは改善せず、10分歩くと足が痛み歩けない間欠跛行(かんけつはこう)の症状も加わり、総合病院で腰部脊柱管狭窄症と診断された。
通院したが症状に変化なく手術を勧められ迷っていたところ、家族の紹介で来院された。
これまで、整骨院やカイロ等どこに行っても症状が改善せず、医療に対する不信感もあり、趣味も出来ず気力もなくされていた。

②治療経過
初診時、硬膜外ブロック注射と関節アプローチ療法を併用し、どんな治療でも治らないのではという不安を和らげるため心療内科のカウンセリングも同時に行いながら、2ヶ月治療を実施したところどこに行っても改善しなかった腰の痛みとしびれが軽快したと喜んで頂き、趣味復帰に向け継続治療されています。

③考察
慢性の腰痛
は、レントゲンで関節異常がわからず、骨の変性と痛みの原因も必ずしも一致しないため、画像診断主体の治療では効果がみられないことが多いです。慢性痛によくみられる痛みの悪循環を断ち切る硬膜外ブロック療法や関節機能を矯正する関節アプローチ療法が非常に有効です。又、痛みと心の関係は密接で痛みに大きく影響されている心を含めた治療が必要となります。

投稿者: 医療法人良仁会 かわたペインクリニック

2013.04.22更新

今日から、かわたペインクリニックの症例紹介を行っていきたいと思いますsign01
まずは、当院で一番来院が多い症状である腰痛についての症例です。
腰痛で多くの方が苦しみ来院されますが、今回は急性腰痛(ぎっくり腰)で来院された方の症例紹介です。



①来院までの経緯 (56歳 女性)
3年前、介護ヘルパーの仕事中、腰を捻り、ぎっくり腰になった。腰に激痛が発生し、整形外科を受診し、レントゲン上、特に異常なく鎮痛剤と湿布を処方された。しかし、その後も腰の痛みはとれず、牽引や整体など色々試してきたが、改善が見られなかった。最近、また腰に強い痛みを感じ動けなくなったので、当院へ来院された

②治療経過
初診時は、ゆっくり歩くことしか出来ず、イスに座るのも辛そうで、「仕事も休めないのでこの激痛を何とかして欲しい」と切実な思いを訴えられていました。硬膜外ブロック注射を週1回約1ヶ月間実施した結果、腰の激痛や長年の重だるさがなくなり、これで仕事も続けれると喜んで頂きました

③考察
ぎっくり腰は正しい初期治療を誤ってしまうと慢性の腰痛症になりかねません急性腰痛の初期治療には椎間関節ブロックやトリガーポイント注射が非常に有効で、仙腸関節の捻れを取り除くAKA療法も効果的です。慢性化してしまった腰痛には硬膜外ブロック注射が大きな効果を示します。"長年の腰痛が約1~2ヶ月の硬膜外ブロック治療で治る"という信じがたい症例がペインクリニックではそう珍しい話ではありません


投稿者: 医療法人良仁会 かわたペインクリニック

2013.04.03更新

pencilかわたペインクリニックの心療内科医の守田稔先生が2013年3月21日にまたまた新聞に掲載されましたhappy01
ぜひご一読下さいpencil




投稿者: 医療法人良仁会 かわたペインクリニック

entryの検索

カテゴリ

かわたペインクリニックかわたペインクリニック診療内容
心療内科クリニック通信ブログ
医療機関の方へ求人情報
リンク集Facebook
twitter光台デイサービス