クリニック通信ブログ

2014.06.14更新

慢性疼痛に悩む患者様の中には、「痛みはあってはいけない」、「痛みをゼロにしなければならない」といった考えを持っていたり、「痛みが出ないため強まらないためにじっと横になっていよう」といった行動をとられている方がいます。
しかし、それらは不安の増強や痛みへの意識の集中につながり、さらに痛みを悪化させます。
前回お話ししました「神経の痛みの伝え易さ」、「脳の痛みに対する敏感さ」に影響する要因などを参考に、今の自分の状況を振り返り当てはまっていると思うもので、自分が主体となるところは、少しずつ変化させることを試みてみましょう。




投稿者: 医療法人良仁会 かわたペインクリニック

2014.06.02更新

「神経の痛みの伝え易さ」、「脳の痛みに対する敏感さ」に影響する要因は、下記の通り、いくつか知られています。

<痛みを伝え易くし、敏感にするもの>
●萎縮性の変化、筋緊張、薬物乱用。
●痛みへの注意(=痛みへの意識の集中)。
●痛みは制御できないものという考え。
●不安・恐怖、怒り、うつ。
●過剰・過小な活動(少食・不健康行為・公私の不均衡)
●家族や友人からほとんど支援がない。あなたの痛みに注目しすぎたり、あなたを過剰に守ろうとする人。


<痛みを伝えにくくし、鈍感にするもの> 
★薬、手術、筋緊張の減少。
★気晴らし・外に意識を集中させること。
★痛みは制御できるという考え、予測管理可能という信念。
★気分の安定・リラックス・穏やかな気持ち・前向きな気分。
★適度な活動・前向きな健康習慣・公私の活動の調和。
★他者からの支援、家族や友人の適度な関わり、'適度な活動'を維持するように他者から勇気づけられること。





投稿者: 医療法人良仁会 かわたペインクリニック

最近のブログ記事

entryの検索

カテゴリ

かわたペインクリニックかわたペインクリニック診療内容
心療内科クリニック通信ブログ
医療機関の方へ求人情報
リンク集Facebook
twitter光台デイサービス